地域連携

ホーム > 地域連携 > セカンドオピニオン外来 

セカンドオピニオン外来

印刷

セカンドオピニオンとは

患者さんの選択を尊重した医療を提供するために、現在診療を受けている医師とは異なった医師の意見を求めることをいいます。
※あくまでも第三者の意見を聞く場所のため、検査や治療は行いません。
当院以外の医療機関で診療中の患者さんに対して、これからの治療方法を自ら選択、決定することを支援するために行うものです。ご相談には、通院中の医療機関から提供された検査データ等の診療情報を持参してください。セカンドオピニオン外来は当院への転院や外来診療につながるものではなく、原則として相談後は、現在治療を行っている医療機関で治療を続けることになります。
尚、現在当院で受診中の患者さんで、他の医療機関のセカンドオピニオンを希望される場合には遠慮なく主治医にお申し出ください。

対象となる方

対象:患者さんご本人
※ただし、患者さんの同意書があればご家族の方(原則一親等以内)でも実施します。
患者さんとの続柄が確認できる書類(健康保険証等)をお持ちください。
患者さんが未成年の場合も患者さんとの続柄が確認できる書類をお持ちください。

対象疾患

・肺がん ・胃がん ・大腸がん
・肝臓がん ・胆管がん ・胆嚢がん
・すい臓がん ・乳がん ・造血幹細胞移植
・白血病 ・悪性リンパ腫 ・多発性骨髄腫
・造血障害 ・脊髄疾患 ・前立腺がん
・膀胱がん ・腎がん ・腎盂尿管がん
・精巣腫瘍 ・陰茎がん ・その他泌尿器科疾患一般
・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
PAGE TOP

対象外事例

  • ・当院での治療を希望されている場合
  • ・主治医に対する不満、医療過誤、裁判係争中に関する相談
  • ・死亡した患者さんを対象とした場合
  • ・治療後の良し悪しの判断を目的とする場合
  • ・特定の医師、医療機関への紹介を希望している場合
  • ・主治医が了解していない場合
  • ・相談内容が当院の専門外である場合

ご利用日

担当医と相談の上、当院から日時をご連絡させていただきます。

ご利用時間と料金

30分まで10,800円。その後30分まで10,800円加算となり自費となります。
時間は原則1時間とします。

相談に必要な物

  • ・セカンドオピニオン外来診療情報提供書
  • ・レントゲン・CT・MRIなどの写真・画像
  • ・その他検査結果

流れ

1:【患者さん】患者さんから申込。

患者さんは当院医療福祉相談室にセカンドオピニオンを相談したい旨申し出てください。
※医療福祉相談室にお電話又はご来院ください。

【受付時間 8時30分~16時30分】

TEL:0566-75-7331(代表)

写真:医療福祉相談室

2:【病院】 当院より患者さんに書類を郵送。

相談することが決定したら、地域連携室から書類1式を患者さんに送付します。

3:【患者さん】 主治医に診療情報提供書と必要書類(*1)を依頼。

患者さんは「主治医の先生へのお願い」と「診療情報提供書」を主治医に持参し、記載の依頼と必要書類(レントゲン、検査記録等)を取寄せてください。
※必ず「主治医の先生へのお願い」を添えてご依頼ください。
※1 必要書類(レントゲン・検査記録等)

4:【患者さん】申込書と診療情報提供書を地域連携室に送付。

患者さんは「セカンドオピニオン外来申込書」を記載し、主治医に記載してもらった「診療情報提供書」・必要書類(レントゲン、検査記録等)と併せて地域連携室に送付、もしくは持参してください。
※ご家族のみで来院される場合は「同意書」も併せて送付してください。

5:【病院】当院から予約日のご連絡。

地域連携室より患者さんに予約日をご連絡します。

6:【患者さん】地域連携室に受付、相談。

予約時間15分前に地域連携室にお越しください。

7:【病院】当院から患者さんの主治医に診断結果を報告。

相談終了後、セカンドオピニオン外来担当医より患者さんの主治医に「セカンドオピニオン外来報告書」を送付します。

<申込先>

〒446-8602
安城市安城町東広畔28番地

TEL:0566-75-7331 E-mail: soudan@kosei.anjo.aichi.jp

医療福祉相談室

PAGE TOP