地域連携

ホーム > 地域連携 > 地域ネットワーク 

地域ネットワーク

印刷

近年医療の取り巻く環境は大きく変化しており、現在、医療機関の機能分担が非常に重要になっています。そこで当院は分野ごとに地域の医療関係機関とネットワークを組み、地域医療の抱える問題や将来のあり方などを話し合い、地域医療連携の充実・発展を目指しています。

西三河脳卒中ネットワーク

安城更生病院は西三河脳卒中医療ネットワークに参加しています。
脳卒中医療には、急性期から回復期・維持期までの時期があり、一つの病院でそのすべての診療をすることは困難です。 西三河脳卒中医療ネットワークは、西三河地区の病院が連携し協力して、よい医療を提供するためのものです。

参加施設

下記一覧の医療機関が、西三河脳卒中ネットワークに参加しています。
医療機関名をクリックしていただきますと、各医療機関のホームページが開きます。

安城市 八千代病院
松井整形外科
岡崎市 宇野病院
岡崎東病院
知立市 富士病院
秋田病院
碧南市 新川中央病院
小林記念病院
西尾市 西尾病院
あいちリハビリテーション病院
高須病院
深見クリニック
蒲郡市 蒲郡厚生館病院
蒲郡深志病院


PAGE TOP



西三河南部救急連携ネットワーク協議会

平成19年当時、奈良県・大阪府の受け入れ不能患者死亡から当時社会問題として表面化した救急患者の受け入れ不能に対し、同じような状況を回避すべく地域の医療機関・消防隊・保健所が協力体制をとり情報交換をする場として発足いたしました。現在では西三河南部東西医療圏を担う三次救急、二次救急の全ての医療機関と保健所・消防隊が参加し2ヶ月に一回の協議会を開いています。

発足後、当院が作成した救急受け入れ情報の専用ホームページを開設し救急隊からの搬送がより迅速となるよう体制を整えました。その取り組みは愛知県行政にも認められ、現在では愛知県版のホームページが作成され当協議会の医療機関も現在ではそちらを活用しています。
22年には墨東病院における救急搬送問題から経済産業省による救急搬送社会実験に国から指定され協力を行いました。
21年に発生した新型インフルエンザの流行時には保健所と医療機関の現場での問題点を協議いたしました。

協議会風景

写真 写真

前:消防隊 後:保健所

中央:当院救命救急センター長
右:各医療機関
左:消防隊・保健所


PAGE TOP

参加機関

医療機関
・安城更生病院 ・西尾市民病院
・刈谷豊田総合病院 ・宇野病院
・岡崎市民病院 ・がんセンター愛知病院
・八千代病院 ・岡崎南病院
・碧南市民病院 ・西尾病院
保健所
・衣浦東部保健所
・岡崎市保健所
・西尾保健所
消防隊
・衣浦東部広域連合 ・岡崎市消防本部
・西尾消防本部 ・幸田町消防本部

地域連携交流会

この会は安城市医師会・安城更生病院が主催で、安城・岡崎・西尾・碧南・刈谷・知立・高浜・豊田・蒲郡地区の医療機関の先生方をお招きし、診療科の紹介や自己紹介、日ごろの連携における要望や問題点等の話し合いを行っています。
地域全体で医療を守るための緊密な連携関係作りを目的に年1回開催しています。

写真 写真

PAGE TOP

 西三河周産期医療ネットワーク協議会2

総合周産期母子医療センター開設に際し、母体搬送システム・新生児搬送システムの充実及びより円滑な運用を目指して、西三河周産期医療ネットワーク協議会を立ち上げました。西三河の南部と中心とした周産期医療に関わる9病院及び19施設(産婦人科医院・所産院)の代表者が集い、実績報告と共に忌憚のない意見交換が行われています。本協議会を通じて、より緊密な施設間の連携を築くと同時に、より充実した周産期医療体制を構築することで西三河の妊婦さんがより安心してお産していただける事を目指します。




PAGE TOP