各種教室・講座のご案内

ホーム > 各種教室・講座 > 市民公開講座

市民公開講座

印刷

第74回 市民公開講座

日 時 平成29年2月18日(土)10:00 ~ 11:00
場 所 安城更生病院2階 講堂
テーマ 人生の最終段階における医療
~自分らしく逝くために~
講 師

在宅医療連携推進センター長 杉浦真

参加費 無料
予約 不要
問い合わせ

Tel:0566-75-2111(代表)

教育研修・臨床研究支援センター

医療福祉相談室・がん相談支援センター


開催報告

第73回市民公開講座を開催しました。

平成29年1月21日(土)に第73回市民公開講座を開催しました。今回は「認知症の予防について」と題し、認知症認定看護師 大西邦明よりお話しさせて頂きました。心身ともに冷える中、33名の方にご参加頂きました。

今回は、認知症予防についてのお話と、認知症予防運動「コグニサイズ」を実際に行いました。認知症とは正常だった脳の働きが徐々に低下し、以前のように日常生活を送ることができなくなり、「もの忘れ」を主な症状とした病気です。例えば、ごはんを食べたこと自体を忘れるといった、自分が体験した記憶そのものが抜け落ちてしまう症状もあります。重症化すると運動障害や会話ができなくなり、寝たきりになる恐れもあります。認知症は健康的な生活をすることで予防につながります。特に魚にはDHA・EPAが含まれており、コレステロールを下げる作用があります。またワインにはポリフェノールが多く含まれると言われており、飲むことで認知症予防につながるとも言われています。

認知症介護の心がけとして、間違った行動をしても否定せず、ペースを合わせること、ジェスチャーや物・写真を使って伝えましょう。そして、嬉しい、楽しいといった時間をつくり笑顔でいることが何よりも大切です。ユマニチュード(人間らしさを尊重すること)が認知症介護のポイントです。

講義の後半には、簡単な認知症予防運動を行いました。身体も脳も暖かくなり、みなさんの笑顔で溢れていました。

さて、次回の第74回市民公開講座ですが、平成29年2月18日(土)「人生の最終段階における医療~自分らしく逝くために~」と題し、当院の在宅医療連携推進センター長 杉浦真がお話させていただきます。次回も多数のご参加をお待ちしております。

  

      
   
528A4949 

528A4968

 


今後の開催予定

日 時 テーマ 講 師
平成29年2月18日(土)

第74回

人生の最終段階における医療

~自分らしく逝くために~

在宅医療連携推進センター長

杉浦 真

平成29年3月18日(土)

第75回

前立腺がんについて

泌尿器腫瘍部長
小林大地

※内容は決定次第、ホームページや院内掲示などでご連絡いたします。

 


PAGE TOP