診療科・部門

ホーム > 診療科・部門 >  心臓血管外科・呼吸器外科

心臓血管外科・呼吸器外科

印刷

医師紹介

氏 名 出身大学
卒年
役職名 認定医・専門医 専門領域
水元 亨みずもと とおる 三重大学
S61
心臓血管外科代表部長
特任院長補佐(クオリティーマネージャー)
日本外科学会専門医・指導医
日本胸部外科学会指導医
心臓血管外科専門医
心臓血管外科修練指導者
三重大学医学部臨床教授
日本胸部外科学会評議員
心臓血管外科
(虚血性心疾患、弁膜症手術、大動脈瘤手術等)
天白 宏典てんぱく ひろのり 三重大学
H3
胸部外科部長 日本外科学会外科専門医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器外科学会評議員
呼吸器外科
藤永 一弥ふじなが かずや 三重大学
H8
呼吸器外科代表部長 呼吸器外科専門医
日本外科学会専門医・指導医
呼吸器外科
澤田 康裕さわだ やすひろ 三重大学
H11
循環器外科部長 日本外科学会専門医
心臓血管外科専門医
心臓血管外科
伊藤 久人いとう ひさと 三重大学
H14
心不全外科部長 日本外科学会専門医
心臓血管外科専門医
植込型補助人工心臓実施医
成人心臓、大動脈外科、重症心不全外科

PAGE TOP

外来担当医表

こちらをご覧ください。

心臓血管外科・呼吸器外科紹介

当科は1973年に胸部外科として発足しました。2009年から心臓血管外科・呼吸器外科に呼称を変更しました。心臓血管外科(心疾患・大動脈疾患)及び呼吸器外科(肺・縦隔疾患)を業務としております。尚、当院は日本外科学会専門医修練施設、心臓血管外科専門医認定機構基幹施設、呼吸器外科専門医認定機構関連施設、ステントグラフト実施施設に認定されています。

PAGE TOP

お知らせ

“外科系の専門医制度と連携した外科手術・治療情報データベース事業”の参加について

日本の外科医療の現状を把握し、よりよい医療を提供する目的で、当院は、『一般社団法人National Clinical Database(NCD)』のデータベース事業に参加しています。登録される情報は、外科・心臓血管外科・呼吸器外科・小児外科の日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療方法、等です。
情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。

詳しい内容につきましては、受診された診療科またはNCD 事務局までお問い合わせください。

NCD

体外循環症例データベース事業”の参加について

より良い体外循環を提供する目的で、当院は『一般社団法人日本体外循環技術医学会(JaSECT)』のデータベース事業に参加しています。登録される情報は心臓血管手術あるいは治療に用いられた体外循環(人工心肺)の方法等です。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等)を遵守しています。

詳しい内容につきましては、受診された診療科またはJaSECT 事務局までお問い合わせください。
JaSECTガイドライン策定委員会 http://www.jasect.jp/

 

ヘルスケアインフォメーション 

水元医師による病気についてのお話しです。半年毎に定期更新していきますので、ぜひご参照ください。
PDF
PDF
PDF

水元先生


PAGE TOP

心臓血管外科紹介

心疾患では主に後天性疾患を対象としています。積極的に早期の離床に取り組んでおり、術後は約2週間で退院となっています。

主な手術

冠動脈バイパス術

狭心症や心筋梗塞に対し、人工心肺を用いない心拍動下に行うオフポンプバイパス術での低侵襲治療を導入しています。

<手術に関する詳細>

 

 

弁膜症手術

近年、高齢化社会に伴って大動脈弁狭窄症・僧帽弁閉鎖不全症が増加しています。高齢者では、抗凝固療法を避けるのが望ましいと考え、ワーファリン・フリーの治療法を選択しています。

  • ・大動脈弁狭窄症に対しては、生体弁を用いた人工弁置換術。
  • ・僧帽弁閉鎖不全症に対しては自己弁を温存した弁形成術を積極的に行っています。

<弁膜症に関する詳細>

 

 

<手術に関する詳細>

 

 

また、心房細動に対する、不整脈手術(メイズ手術)も積極的に行っています。

 

大動脈瘤手術

大動脈の正常径は一般的には胸部で3cm・腹部で2cmとされており、壁の全周が拡大(紡錘状)し直径が正常径の1.5倍(胸部で4.5cm・腹部で3cm)を超えた場合や、壁の一部が局所的に拡張(こぶ状に突出:嚢状)した場合を瘤といいます。また、動脈瘤の壁の形態により、真性・仮性・解離性に分けられます。

左から紡錘状、嚢状、真性、真性、解離性

真性大動脈瘤では、紡錘状の場合には胸部大動脈で6cm以上、腹部大動脈瘤で5cm以上になると破裂の危険が高くなり、破裂すると突然死につながることから治療の対象となってきます。尚、嚢状の場合は破裂の危険が高いため大きさに関係なく手術の適応となります。一方、突然発症する急性大動脈解離は、心臓から出てすぐの大動脈(上行大動脈)に解離が及ぶ場合、約90%が発症1週間以内に破裂するとされており、緊急手術の対象となります。

<手術に関する詳細>

 

 

ステントグラフト内挿術

胸部動脈瘤では適応のある方に対しましては血管内治療(ステント治療)を三重大学放射線科と連携し行っています。

過去8年間の心臓血管外科での手術件数は以下のようになっています。

  2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
冠動脈バイパス術(単独) 65 71 45 63 76 61 76 75
弁膜症手術 61 51 91 66 85 80 51 69
先天性・その他心疾患 4 7 16 15 9 10 8 10
大血管手術 30 51 45 62 57 62 69 51
その他 21 15 16 23 16 16 25 25
総手術件数 184 195 213 229 243 229 229 230
 

その他

 

PAGE TOP

呼吸器外科紹介

現在呼吸器外科専門医2名を中心に、肺癌をはじめとする悪性腫瘍、自然気胸、縦隔腫瘍、良性腫瘍、胸壁腫瘍、漏斗胸、胸部外傷など胸部疾患全般にわたる手術、治療を行っております。

原発性肺癌

当科で最も多く手術を行っている疾患で、近年患者数が増加しており、当院でも7年前に比べ肺癌手術件数は約2倍に増加しております。
現在肺癌に対する標準術式は、癌のある肺葉と癌の転移経路の一つであるリンパ節を切除すること(肺葉切除+リンパ節郭清)です。当科では確実性と安全性を第一に手術を行っており、肺癌に対しては開胸術(10~15cmの皮膚切開) を基本としつつ、最近では、より低侵襲な手術を目指して、大きさが3cm以下で画像上リンパ節転移等がない初期の肺癌症例等に対しては3cm程度の切開と2~3箇所の小さな穴で胸腔鏡を使用しモニターを見ながら行う完全胸腔鏡下手術(Complete VATS)も平成23年より導入しており、平成27年は約8割)に同術式を行い良好な結果を得ております。
また近年画像診断の進歩により癌の早期発見が可能となり、肺の辺縁に存在する小型の肺癌が見つかることが多くなりました。特に2cm以下の末梢小型肺癌に対しては切除範囲を縮小しても、標準手術と同等の予後が得られ、さらに呼吸機能も温存されることがわかってきています。そのため当科では、術前肺へのマーキングを取り入れることで、区域切除等の縮小手術に積極的に取りくんでおります。
現在これらの方法により早期回復、早期退院が可能となり、術後平均9日で元気に退院をしていただいております。

開胸術

開胸術

完全胸腔鏡下手術

完全胸腔鏡下手術

当科の肺癌手術療法についてのお話しがいんふぉめーしょん更生No75 に掲載されています。

自然気胸

特に若い男性に多く見られる疾患で、肺に穴があいて空気がもれてしまう疾患です。
稀ですが、月経随伴性気胸など女性特有の気胸もあります。
肺からの空気漏れが止まらない場合や気胸を再発された場合、またCTなどで複数のブラ(肺にできた風船状のもの)を認める場合などは手術をおすすめしています。手術はほぼ全例胸腔鏡下で行っており、ブラを切除もしくは焼灼し、その部分の肺をシートで補強する手術を標準としており、手術時間は1時間前後となっています。また術後平均2~3日で退院していただいいており、早期社会復帰・通学が可能となっています。

呼吸器外科_縦隔腫瘍等

縦隔腫瘍には良性から悪性腫瘍まで様々な腫瘍があります。
悪性腫瘍や大きな腫瘍に対しては胸骨正中切開(胸の真中を切開し胸骨を縦切開する)を標準アプローチとし、腫瘍切除と必要に応じて周囲組織の合併切除を行っております。大血管などへ腫瘍の浸潤を認める場合には、心臓血管外科と協力し、積極的に人工血管置換術を伴う手術も行い、根治性の高い手術を目指しております。
最近では、5cm以下で周囲への浸潤がない腫瘍や良性腫瘍、重症筋無力症に対しては、胸骨を切開しない、より低侵襲な剣状突起下二孔式胸腔鏡手術(創部は心窩部と胸部の2か所)も積極的に行っています。同術式は整容性に優れるだけでなく疼痛や感染のリスクも少なく、術後5日前後での退院が可能となっております。

clip_image002[15]

胸骨正中切開

clip_image002[13]

剣状突起下二孔式胸腔鏡下手術

漏斗胸

胸壁下に金属のバーを留置する胸骨挙上術(Nuss法)を導入しております。
また手術以外の治療を希望される場合には、自宅での吸引器具を使用した治療方法もご紹介しております

 その他の肺良性腫瘍、胸壁腫瘍、生検など

胸腔鏡下手術を標準アプローチとし、腫瘍切除や生検(検査目的の手術)を行います。

胸部外傷

交通事故などによる外傷性気胸、血胸、多発肋骨骨折、肺損傷などに対しても積極的に治療にあたっております。必要に応じて、ドレナージや手術、人工呼吸管理等を行います。
胸部以外の多臓器にも損傷を認めることも多く(多発外傷)、他科との連携のもと治療を行います。

その他1

当科で扱う胸部の悪性腫瘍の中には大血管や心臓周囲、胸壁などへの浸潤を伴っていることがあります。このような場合には、呼吸器内科、放射線科との連携のもと術前・術後に化学療法や放射線治療を併用した集学的治療や心臓血管外科との連携による拡大手術にも取り組んでいます。
当院では総合病院の特徴を活かし、他科との連携や開業医の先生方や他病院との連携をさらに深めることで疾患の早期発見や早期治療に努め、より質の高い専門性的な医療を提供し、地域の皆様の健康に貢献できるよう今後も努力を続けて参りたいと考えております。
また交通事故等による胸部外傷等緊急性の高い疾患も24時間体制で対応させていただいております。いつでもご連絡ください。

過去8年間の呼吸器外科手術件数は以下のようになっています。

  2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
原発性肺癌 41 61 47 68 93 77 82 79
気胸 42 27 46 49 49 45 53 50
転移性肺癌 5 3 7 16 9 2 16 6
縦隔腫瘍 18 7 8 6 18 16 10 9
その他 16 15 19 22 19 29 25 17
総手術件数 122 113 127 161 188 169 186 161

PAGE TOP