教育研修・臨床研究支援センター

教育研修・臨床研究支援センター

印刷
 2
教育研修・臨床研究支援センター 実習生 患者教育 地域医療従事者研修

はじめに

安城更生病院では職員の教育および研修が、「人材は組織にとって大切な財産」「人は大切に育てる」と捉えることからスタートすると考えています。そして、職員が病院組織の使命や理念を業務に反映させる実務能力を鍛えていくためには、職種を越えた組織横断的な教育研修体制の確保が欠かせないと思っています。そんな中で「人はみんなで育てる」という安城更生病院の教育風土は職員個々人の成長はもちろん、病院組織への帰属意識や職員間・職種間の交流、信頼関係の構築など、組織にとってもプラスになる面が大きいと実感しています。
変化する医療制度、地域の状況や病院組織の置かれた状況の中で、戦略的に人材育成を推進することが安城更生病院としての特別性を生みだすと考えています。教育研修センターでは職員個人と病院組織の双方にとってメリットとなる教育研修活動の支援を目指しています。

 

教育理念

安城更生病院の「基本理念」に基づき、豊かな感性、高い倫理観、真の自立性を身につけ幅広い知識、技術を統合できる社会人、組織人、医療人を育成する。
自己の成長、組織の成果、社会への貢献のバランスの中から生まれる病院づくりができる職員を育成する。

 

教育目標

  • ・患者中心のケアを実践できる医療人の育成
  • ・コミュニケーション能力の優れた社会人の育成
  • ・問題発見およびその解決能力に優れた組織人の育成
  • ・主体的に学び自己研鑽できる医療人の育成
  • ・職種を超えた組織横断的な教育研修体制の構築

 

教育研修・臨床研究支援センターの役割

当院「基本理念」の「医療を通じて地域住民の健康と幸福に寄与します」「患者中心の医療をあらゆる活動の原点とします」「職員が誇りと喜びを持って働ける職場を目指します」を職員一人一人が実現すべく、各種教育研修プログラムの企画・運営・評価・フィードバックを支援します。